約 THJ

2N グループと亀田医療情報研究所は、2020 年に合弁会社であるテレヘルスジャパン株式会社を設立しました。テレヘルスジャパンはユニバ ーサルなテレヘルスツールを組み合わせて、
日本のローカルニーズに合わせたサービスを提供します。

「私たちはヘルスケアの専門家ととも に、患者さんを治療する方法を再発明 しています。 TeleHealth により、すべ ての市民が適切なヘルスケアサービス を利用できるようになるでしょう」 と、テレヘルスジャパン株式会社代表 取締役であり 2N グループ CEO のハン ナ・エクマンは述べています。

2N グループは北欧の先進的な TeleHealth サービスプロバイダーでり、 亀田医療情報研究所は日本の医療 IT で 幅広い経験を持っています。

「テレヘルスジャパンは、顧客である 病院や医師などに利益をもたらすサー ビスに集中します。優れた TeleHealth プラットフォームに加え、トレーニン グ、サポート、ベストプラクティスを お客様に提供していきます。」

「亀田グループは常に、日本の医療の質 を継続的に改善するために、利用可能な 高品質のソリューションと最新のテクノ ロジーに焦点を当ててきました」と、テ レヘルスジャパン株式会社代表取締役で あり 亀田医療情報研究所取締役の塚田智 は述べています。

亀田グループは日本の医療環境を深く理 解した上で、国際的なパートナーと協力 してきました。国際的に実績のある厳選 されたソリューションとテクノロジーを 組み合わせ、日本の顧客ニーズに合った ローカリゼーションを実現します。

「日本に先行して北欧では、以前から TeleHealth が実践されてきました。パー トナーの 2N グループとともに、日本の 実情に合った TeleHealth を実践するため のソリューションを提供します。」